シミの改善策 その1 シミにならないようにするためには

a0002_005069_m


シミの改善策の前にまずシミにならないようにするための必須条件があります。

1、質の良い睡眠をとる事

人は睡眠中に、起きている時のダメージを回復させる機能があります。

寝ている間の成長ホルモンはお肌のダメージ回復に影響があります。

夜の10時から2時に寝るのが一番いいといわれていますが、実はその寝ている時間帯

に細胞の回復があるのです。寝不足をするとお肌に悪いといわれるのはそのためです。

まさに美肌は夜作られる」の所以はそこにあります。

2、肌に良い食べ物をとる

小さい時や若い時にはよく寝れたのに年を重ねるごとに寝つきが悪くよく眠れないということはありませんか?

それは脳内にあるセロトニンが影響しています。子供のときにはこのセロトニンがたくさん分泌されています。

ところがストレスや悩みごとを抱えているとセロトニンの分泌が悪くなってしまいます。

セロトニンはトリプトファンというというアミノ酸でできていて、脳内で作られますが

食べ物で体の中に材料を取り込まないとトリプトファンは生成されません。

安眠効果が得られるのがホットミルク、牛乳にはこのトリプトファンが多く含まれています。

他にも大豆製品・卵・落花生などがありますよ!あとレタスもいいらしいです。

シミ対策にいいのはビタミンCとE

よく知られていることでシミには ビタミンC肌の疲れにビタミンE と言われますね

実はビタミンEは「若返りのE」と言われています。

血液をサラサラにして、血行を良くする働きを持っていて

体をサビさせる活性酸素の発生を防止する力があります。

肌が新しく生まれ変わるためのエネルギーを運んで行く血流を

良くしてシミ・シワ・乾燥からから守ってくれる力がビタミンEにはあります。

代表的な食べものに大豆・ホウレンソウ・卵黄・ゴマ・ナッツなどがあげられます。

ビタミンCはシミシワにいい

ビタミンCには抵抗力を高める力があります。

シミにいいと言われる理由はハリ・ツヤ・弾力のある肌を作るのに欠かせないコラーゲン

はこのビタミンCと深い関係で結ばれているからです。

またビタミンCはビタミンEとの相乗効果もあるので美肌作りにはとても大切です。

生で食べるのが良いとされるミカン・グレープフルーツ

ビタミンEも含んでいるブロッコリー・アスパラ・小松菜・ホウレンソウもおすすめです。

ニキビ・肌荒れにいいビタミンB

代謝にいいビタミンB6や細胞の成長にいいビタミンB2は「美肌ビタミン」なんて言われたりします。

食材では豚肉・レバー・小松菜・アスパラガス・アーモンド・チーズ・アボカドなどがあげられます。

こやって見ていくと

良く重なってでてくるホウレンソウ・小松菜・アスパラガスは美肌作りの常連食材ですね!!


シミ改善策はこれから順次アップしていきますので斯うご期待!!
【エステ業務用フェイスマスク】モイスチャーオーラマスク(敏感肌)
エステサロンで人気の業務用フェイスマスクがついに発売

◎パラベンフリー、アルコールフリーの敏感肌の方に優しいフェイスマスク

●エステサロンのプロの要望で商品化
美容液280mlがこのパックにギュッとつまりました。毎日1枚ずつ使っても1カ月以上もつ、大容量35枚。パラベンフリー、アルコールフリーなので、敏感肌の方にもオススメ。 
1,260円(税込)10pt
商品詳細

お勧めのシミ・シワ専門通販ショップ
格安しみしわ対策「美魔女通販」

http://majyo.realstore.jp/


美容・ダイエット通販店ーTV・雑誌で話題の商品専門店
http://beauty_escort.rmk.jp/